ヴィトン 買取

古本の買い取りもオススメ

ブランド品などを処分するついでに、家の中で眠っている不要な古本も一緒に買い取って貰えるととっても楽チンですよね?

 

最近のネット買取業者は、ブランド品や本どちらも買い取りしてくれる所もとても多いです。

 

少し手間でも別々の業者に売った方が良いのか、それとも古本とヴィトン等のブランド品をまとめて売る方が良いのか。

 

その辺りを細かく紹介してくれているのがこちらになります。
       ↓       ↓       ↓
          古本買取おすすめ.com

 

ネットオフなどの有名業者では、ブランド品と雑誌などを除いた本を全て一括で買い取ってくれるので、面倒くさがりな私は大体そういった一括買取を利用しています。
漫画や流行りの本などはその時は良いですが、やはり何度も読むと場所だけ取って邪魔に感じてしまうので、少しでも良いのでお金に換えれて家の中を広く使えるようの売ってしまうのが一番だと思います。

 

ただ、古本のように重くてかさばる物に関しては自分で運んで売りに行くのは流石に手間がかかりすぎるので、自宅まで取りに来てくれる宅配買取業者を利用するのがベストだと思います。

 

しかも、段ボールやガムテープといった梱包グッズを無料プレゼントしてくれるので、業者が用意した段ボールに不要になった古本をつめて、業者に取りに来てもらうだけ!これでお金までくれるなんて、ほんとに至れり尽くせりですよね

 

そこまでしてくれるって事は買い取り価格は買い叩かれるんじゃないの?と思う人もいると思いますが、違うんです。

 

ネット上で売買をする業者なので、ふつうは何十万もかかる店舗費用や人件費が何分の一にも抑えられます。

 

しかもネット上のあらゆる人を対象にして売買でき、間口も広い分、多くの商品を売買でき、1個1個の利ザヤは通常の店舗と同じでも販売数が違ってきます!

 

店舗などの維持費が通常100万円かかる所、10万円になればそれだけで90万円も浮きます。と言う事は

 

通常の店舗 販売価格100円⇒人件費などで30円、買取原価で20円⇒50円の利益
ネットの業者 販売価格 80円⇒人件費などで10円、買い取り価格で40円⇒50円の利益

 

と、買い取り価格にお金を回しても高い利益を出すことができています。しかも、販売している数が多い分、1つの商品にかかる人件費などの割合は更に少なくなるので、実際はもっとネット業者のほうに利益が出ています。

 

更に1個当たりの利ザヤが同じ50円としても、地域の人相手の通常の店舗と比べて、全国の人を相手にして1000倍、万倍と売れれば、その利益率の差は段違いですよね?

 

ただ、その分販売する商品も常時通常の店舗の1000倍、万倍と用意する必要が出てきます。

 

なのでネット業者は儲けるためにも、買い取り価格を高くしてより多くの商品を集める必要があり、売る人と買う人でWIN−WINの関係となっているのです。